Scroll

【セグメント】機能概要

ユーザ動向を詳細に把握するため、セグメント機能を提供しております。
本機能の目的は、ユーザをセグメント化し、該当セグメントの動向を把握すること、ならびにユーザのID抽出( IDFA / Google AID )を行ないIDベースでの検証(売上、インストール日、流入元)、またプロモーションへの活用していくことになります。
 
■ セグメント作成
流入元、休眠期間、購入金額・タイミング、イベントへの参加有無などを指定して、セグメントを作成することが出来ます。
ex. Facebook、Twitterの広告からインストールを行ない、1,000以上の課金があるユーザ
セグメント作成後は、セグメント毎のレポート、ならびにユーザのID( IDFA / Google AID)の出力を行なえます。
 
【 セグメント一覧 】
 
【 セグメント作成 】
 
■ セグメントレポート
セグメント毎のレポートを参照出来ます。参照出来る数値はDAU / 売上 / 購入ユーザ数 / ARPU / ARPPU になります。
セグメント間の比率、ならびに数値の比較が可能です。
 
 
■ ユーザ分布レポート
購入ユーザの分布、ユーザ転換の分布のレポートを提供しています。
 
○ 購入ユーザ分布
FQとLTVを用いて、ユーザの分布を表示しています。
 
○ ユーザ転換分布
アプリを離脱したユーザのLTVの相関を表示しています。
 
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk