Scroll

複数の代理店でTwitterキャンペーンを運用する場合

 

複数の代理店でFacebook, Instagram, Twitterなどソーシャルネットワークの広告運用を行う場合、以下の手順にて代理店別キャンペーンの閲覧権限設定を行う必要があります。

以下のStepによる設定が完了することで、代理店ごとに運用しているキャンペーンの数値が、それぞれの代理店別に閲覧することが可能になります。

■ Step

1) 代理店専用の命名規則
 代理店ごとに、運用アプリのキャンペーン名の命名規則を、metaps側で設定する必要があるため、弊社・担当コンサルタントまでお問い合わせください。代理店ごとの命名規則は原則以下のようになります。

例)

代理店アカウント名 命名規則
株式会社アドウェイズ adways_
株式会社サイバーエージェント cyberagent_
株式会社CyberZ cyberz_
株式会社D2CR d2cr_
株式会社デジタルサイエンスラボ dsl_
株式会社セプテーニ septeni_
トランスコスモス株式会社 transcosmos_ 
ユナイテッド株式会社 united_

※アルファベット順

2) キャンペーンの命名規則に則り、各ネットワークへ入稿
 1)で設定した代理店ごとの命名規則を、メディア側のキャンペーン名にて入稿していただく必要があります。必ず1)を実施した後に入稿してください。
 こちらは、媒体側の1番上の階層であるキャンペーン名のみ命名規則に従う必要があり、下層の広告セット、クリエイティブなどは、どのような名称でも構いません。

3) 代理店ユーザへの閲覧権限付与
 代理店の権限付与画面で、代理店ユーザに Facebook, Instagram, またはTwitterキャンペーンの権限を付与してください。

4) 権限があるキャンペーンのみ表示
 Metaps Analyticsより、ソーシャルメニューを閲覧時に、権限有無を判断して、権限が付与されたキャンペーンのみを表示します。


◆ユースケース
Case1: 該当アプリに対して、1代理店で広告運用を行う場合
 → 上記プレフィックスの設定なしで、全キャンペーンが閲覧可能です。

Case2: 1代理店から2代理店以上に運用が変更される場合
 → 各代理店毎にプレフィックスの登録が必要です。
   また、オリジナルの1代理店は、既存(過去)のキャンペーンを引き続きMAで参照したい場合、キャンペーン名にプレフィックスを付与する必要があります。
   
Case3: 2代理店以上から1代理店に運用が変更される場合
 → 該当代理店ユーザの、3)のキャンペーン閲覧権限のみ外してください。各代理店のプレフィックス設定はそのまま維持してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk