Scroll

Push機能の概要や利用方法を教えてください

Push機能はアプリがインストールされている端末に対してPush通知を送る機能です。アプリが起動していない状態でも通知が届くため、離脱抑止施策や休眠復帰施策として活用できます。Metaps Analyticsではダッシュボード上よりPush通知の内容や配信先セグメント、配信タイミングの設定が可能です。また、レポートページにて配信した各Push通知の効果測定を行えます。

Push機能の事前準備

Push機能を利用するためにはSDK側の実装や証明書の登録等、事前に準備が必要です。詳細はSDK導入資料およびFAQで該当するページをご覧ください。

Push通知の作成

ダッシュボード上の「アクション」>「プッシュ通知」を開き、「新規作成」をクリックしてください。

push_01.png

Push通知の設定

基本設定

  • プッシュ通知名: 作成するプッシュ通知の名称を設定してください
  • OS: 対象とするOSを選択してください
  • A/Bテスト: A/Bテストの実施の有無を選択してください。テストデバイスに送信する場合、設定した比率に関わらず50:50の割合で配信されます
  • テストデバイス: テストデバイスのみに送信する際に選択してください
  • コンバージョン地点(任意): 独自イベントから選択できます。コンバージョン地点は作成後に変更できません

new_push_new.png

スケジュール

プッシュ通知を配信するスケジュールを下記より選択してください。

  • 今すぐ送る
  • 予約する
  • 繰り返し指定

「予約する」場合は配信タイミングを設定してください。

push_arrange.png

「繰り返し指定」の場合は配信スケジュールを下記より選択してください。

  • 日毎
  • 週毎
  • 月毎

また、繰り返し指定の配信タイミングを設定してください。

push_repeat.png

ターゲット

配信対象を下記より選択してください。

  • 全ユーザー
  • セグメント指定
  • 個別ユーザー指定

push_target.png

「セグメント指定」についてはこちらをご覧ください。
「個別ユーザー指定」では下記を設定してください。

プロフィール

  • 言語

流入経路

  • グループ
  • キャンペーン

イベント

  • 到達
  • 購入

アクティビティ

  • インストール
  • 休眠

購入

  • 購入有無

独自属性

  • 属性

※「独自属性」についてはこちらをご覧ください。

コンテンツ

  • タイトル: 配信するプッシュ通知のタイトルを設定してください(Androidのみ)
  • メッセージ: 配信するプッシュ通知のメッセージを設定してください
  • カスタムテキスト: カスタムテキストを設定する際に選択してください
  • サウンド: プッシュ通知の受信の通知音の有無を選択してください
  • チャンネル: プッシュ通知を送るチャンネルを選択してください

push_03.png

Push通知の効果測定

ダッシュボード上の「アクション」>「プッシュ通知」を開き、「レポート」をクリックしてください。

push_report.png

配信レポート

情報

対象Push通知の設定内容を表示します。

push_report_info.png

サマリー

対象Push通知の効果を下記サマリーにて確認できます。

  • 対象ユーザー数: Push通知の対象となるユーザーの合計数です
  • 送信数: 対象ユーザーに対してのPush通知の合計送信数(Push通知を受け取ったユーザー数)です
  • 開封ユーザー数: Push通知を開封したユーザーの合計数です
  • 開封率: 対象ユーザー数の内、Push通知を開封したユーザー数の割合です
  • 直接開封ユーザー(開封率): Push通知をタップしたユーザー数および割合です
  • みなし開封ユーザー数(開封率): Push通知配信から1時間以内にアプリを起動したユーザー数および割合です
  • コンバージョン数(コンバージョン率): Push通知を開封したユーザーの内、設定したコンバージョン地点に到達したユーザー数および割合です

push_summary.png

ファネル

対象Push通知の「対象ユーザー」>「送信数」>「開封ユーザー」のファネル分析ができます。

push_funnel.png

開封数

対象Push通知の開封数を「時間別」・「日別」で確認できます。

push_open.png

効果分析

効果分析ページではPush通知を開封したユーザーの分析が行えます。
ダッシュボード上の「アクション」>「プッシュ通知」>「レポート」を開き、「効果検証」をクリックしてください。

new_push_analytics.png

注意点: 「直接開封ユーザー」の定義がサマリーページと異なります。

  • 直接開封ユーザー(開封率): 受信から1時間以内にPush通知をタップしてアプリを起動したユーザー数および割合です

各種レポート画面(下記)にてPush開封ユーザーのデータを確認できます。

  • DAU
  • 売上
  • ARPU
  • ARPPU
  • FQ
  • LTV
  • リテンション

push_analytics.png

Push機能の活用例

配信対象ユーザーや配信スケジュール・タイミングを設定できるため、下記のような運用が行えます。

  • アプリを休眠しているユーザーに対して、復帰につながるPush通知を配信する
  • 新規ユーザーに対して、リテンションのフックになるコンテンツのPush通知を配信する
  • 週に1回、定期的に全ユーザーへPush通知を配信する

また、ABテストを実施し、開封ユーザーの動向を各KPIで計測することで、より効果の高いPush通知へ最適化させていくことも可能です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk